SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年の国連サミットで採択された2030年までに達成すべき国際目標のことです。
日本語では、「持続可能な開発目標」と訳され、貧困、気候変動、人権やジェンダーなど17のゴール・169のターゲットから構成されており、 地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを原則としてます。

GCC JapanがSDGsに取り組む理由

GCC Japanは、“ISO認証サービス”の事業を通じて、日本国内の様々な業界の組織様と毎年の審査で繋がっております。
この度の“SDGs認証サービス”を通じて、認証組織様にISOのマネジメントシステムをご活用頂き、SDGsの取り組みをより加速していただくこと、そしてその輪を拡げることが当社の使命と考えます。



今後、GCC本部(オーストラリア)とも連携し、SDGs支援の更なるグローバルな展開を目指していきます。


SDGs は、なぜ企業にとって重要か

企業組織はSDGs を達成する上で、重要なパートナーであり、企業や組織は、それぞれの中核的な事業を通じて、これに貢献することができます。



SDGs に企業が取り組むメリット


・将来のビジネスチャンスの見極め
・組織価値の向上
・ステークホルダーとの関係の強化
・社会と市場の安定化貢献
・CSR活動の可視化
・建設業者の公共発注評価加点



SDG Compassの活用

企業が、いかにしてSDGsを経営戦略と整合させ、
SDGs への貢献を測定し管理していくかに関して、
「SDG Compass」というガイドラインが
国連グローバル・コンパクトから発行されています。


GCC JapanのSDGs認証においても、このガイドラインを
認証基準に反映しております。
またISO認証組織は、この5つのステップの仕組みが
既に構築・運用されていることから、ISO認証組織様が
積極的にSDGsに取り組まれることをサポートしていきます。